財団の概要

 ●ごあいさつ


新時代を切り拓く若手科学者にエール
一般財団法人成和記念財団 理事長 金 光 宇

  私たちの科学振興事業は40年の道のりを経て、いよいよ新たな時代に向けて歩むことになります。

  激動の時代のうねりの中で世代のバトンが若手へと移り、新たな息吹を感じさせてくれます。

  昨年、関西にて在住受賞者の集いを、二年半前の関東での集いにつづき開催しましたが、大学や研究機関などで大いに活躍している過去の受賞者たちに接し、科学振興事業を進めてきたことへの誇りと矜持に胸が膨みました。

  初期の受賞者の中からはすでに現役を引退された方が多くみられますが、そのあとに続いて若手受賞者たちが新時代に向け国内外で奮闘していることは実に頼もしい限りです。

  本財団がこれまでの長い歳月を通して礎を築いてくることが出来たのは、まさに諸先生、諸先輩方の貴いご尽力、暖かいご支援の賜物と深く心に刻んでおります。

  医療法人社団成和会西新井病院創立者の故金萬有が私財を投じた基金で設立されたときから今日まで、在日コリアンなど国籍を問わず研究者たちを後押しするこの事業に協賛し支えてくださった先生方、法人、有志の皆さまを忘れることは出来ません。

  本財団はこれからも、新時代を切り拓く若手科学者にエールを送りつづけます。

  研究者への助成事業を弛みなく推し進め、さらに勉強会の支援やイベントの企画運営などを積極的にすすめることで自らの役割を果たして参ります。

  皆さまのいっそうのご支援を賜りますよう、心よりよろしくお願いいたします。